11/30

こぶしファクトリー - 辛夷の花

 

数日前に上がったMV で不覚にも泣いてしまった

これまでどちらかといえばきわものというか変化球というか癖のある曲が多かった

イメージだったけれど、ここにきてグループが持っている歌唱力を存分に発揮できる

いい曲に出会えたと思う

 

ただ、これがハロプロファン以外の人に受け入れられるかというとちょっと疑問で

爆発的に売れることはあまり期待していない(盛り上がり方が内輪というか)

私自身がこれまでのこぶしファクトリーの楽曲を聞いてきた中で

上にも挙げたように

「同じ事務所の活動停止になった先輩グループの意志を引き継いだ」

「実力はあるけどちょっと変わった歌を出すグループが直球でいい曲を出した」

という過程を知っているからこそこの曲にここまで胸を打たれたわけであって、

そういった背景を知らない人が聞いた場合に、まあいい曲だね、

と思ってもらえればいい方なのかなと思う

 

事務所のやり方がまずはファンに受けないとダメだと思っていそうで

はなから一般受けを狙っていないように思える

 

この曲を通じて、自分自身は楽曲派だと思っていたけれど、

こういったグループやメンバーの背景を鑑みて曲を買っているってことは、

結局アイドルだから曲を買っていたわけで楽曲派ではなかったことに気づいた

 

だって曲自体がいいのであれば何度もMVを繰り返し見なかっただろうし

曲自体に本人たちのことを重ね合わせて感動することもありえなかっただろう

 

ここまで言っておいて何だけど、純粋にいい曲なのでこれから年度末くらいまで

有線でジリジリ人気が出てもいいと思った