読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年 ダンス編

今年はダンスを始めた年でもあった

 

きっかけは笑えない話(モーニング娘’14)を見て楽しそうだなと思ったのが一番の原因

後は加齢による体重増加がひどくなってきたことに

そろそろ目を背けられないレベルになってきたことで

何か体動かさないとなーと思っていたところだった

周りの話を聞いていてもジム通いは続かなそうだし、

ジョギングも続かなかった過去があるし

楽しんで体を動かせるんだったらダンスかな、と結論が出た

ちょうど職場にダンス教室に通っている人がいて、

以前話だけ聞いていたから相談してみたら紹介してもらえて安くしてもらえた

せっかく踊るなら好きな音楽で、ということでハウスのレッスンを受けることに

先生からなんでハウスにしようと思ったか聞かれて

ハウスミュージックが好きなんでと答えたら

へー、ぐらいのリアクションで肩透かしを食らった

あんまり考えなかったけど他の人がなぜハウスのクラスに通っているのか気になる

年齢的にハウスなんておそらく知らないだろうし

(自分が小学生の時はCDすら買ったことなかった)

親が通わせているんだとは思うけど、なぜハウスなんだろう、と最近ふと思った

 

実際通ってみるとダンスに使うのはディープハウスというかハードハウスというか

私が好んで聞く歌ものハウスというかポップスよりのハウスとは違っていたが

むしろ踊るにはこういう方がいいんですね

初めて行った日は何もわからず、大したことやってないのに

次の日は筋肉痛になるほどだった

しかも周りは小学生ぐらいの子、大きくても高校生ぐらいまでで、

自分が異質な存在に思えた

半年通ってるけどクラスの人に話しかけられないし

向こうからしてもただのおっさんだから話しかけたくないだろうし

ただ一番下っ端なのでレッスン後のモップ掛けは率先してやってます

 

最後に先生が振り付けのムービーを取らせてくれるんだけど、

練習する場所がなくて上達はしていない

レッスンの時間だけでは仕上がらないから

ムービーを撮らせてくれるんだろうけど全く活かせていない

歳で飲み込みも覚えるのも遅いし新入りだし運動神経ないし体固いから

ほかの人よりも何倍も練習しなくちゃついていけないのに

ただ踊ってるときはホントに楽しいからそれだけでいいやってなっちゃう

解放されているというか、音に合わせて動くのが気持ちいい

当たり前だけど踊っていることがおかしくない環境なので、周りを気にすることもない

当面は続けていきたい、というか楽しいのでやめる理由がない

 

レッスンの中で筋トレ(プランク)と柔軟をやっていて、

これなら家でもできると思って家では毎日やっていた

そのおかげで長座体前屈?みたいなやつは結構できるようになって

足の指をつかめるくらいまでになった

これは継続すれば結果が出る、という自信につながった

けどここ一か月はサボってる

そのせいだからか体重と体脂肪が増えてきてしまってる

これ書いたら再開しよう(有言実行)