tofubeats-FANTASY CLUB

美しいけど終わりがあるストーリー

 

前作「POSITIVE」はゲストが豪華で驚かされたものの

tofubeatsっぽさが薄く思えて自身としてはあまり受け入れられなかった

youtubeで聞いたBABYがいい曲だったのでアルバムごと買ってみた

 

アルバム1曲目、CHANT #1の終盤部分で曲の再生速度が遅くなるところは

vaporwaveっぽさを感じた

youtubeで先行公開していた2、3、4曲目も派手さはないものの彼らしさが

感じられる流れ

interlude的ポジションの5、6曲目

7曲目大好き、T.D.M.を思わせるような自然と体がリズムを取りたくなる曲

先行公開されたMVの印象が強くて曲を聴くだけで映像を思い出してしまう

8曲目はSTAKEHOLDERとSTAKEHOLDER-for DJ-の関係のような

原曲を再構築した構成で、repriseのタイトル通りフレーズの反復、

さらにトラックの宇宙感でトリップしそう

9曲目へと自然に切り替わる、8曲目のフレーズが再び繰り返される

11曲目、youtubeで公開されたのがちょうど春先で、イントロのストリングスが

春の訪れを感じさせる爽やかさでとても気持ちよく聞けたという第一印象

ラスト曲は最後に1曲目がオーバーラップして終わりかと思いきや

環境音が入り終わる

 

全体としてtofubeatsらしさが出ていて、かつきれいにまとまっていた

アルバム自体がFANTASY CLUBという世界で、それの終わりを

最後に環境音を入れることで現実に戻ったことを示唆してるのかな~