最後≠最高

最後の恋:朝井リョウ伊坂幸太郎石田衣良、萩原浩、越谷オサム

     白石一文橋本紡

 

文字通り恋愛についてのオムニバス作品

いろんな作家さんの作風を知りたかったので読んでみました

 

どの作品も内容がとっつきやすく、短いので読みやすかったです

男性の視点で書かれる恋愛小説はあまり読んだことなかったので

どれも面白かったですが、朝井リョウさんの作品が印象に残りました

誰もが経験したことのある学生時代をモチーフにしているからか

雰囲気を想像しやすかったせいかもしれません

 

全く知らない場所やもの、ことに触れて見識を深めるという

読書の醍醐味もありますが、新しいものを受け入れるのが苦手な私としては

そこにたどりつけません

やっぱり人の心は分からないままだと思います